April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ウェディングドレスの選ぶ形態!花嫁の疑問をお答え!レンタル?プレタ?セル?セミオーダー?サイズオーダー?フルオーダー?オートクチュール?とは、、。

”Metamorpose Wedding”
メタモールフォーゼ ウェディング札幌

”ウェディングドレス”を試着、結婚式で着る際は大半の花嫁は、初めてのことですよね。

初めての”ウェディングドレス試着や購入、レンタル”のときは分からないことが一杯です。
大半の花嫁は、”洋服を着る感覚”と同じ様に考える方が多いと思います。ご来店頂く花嫁も同様ですね。

 

ウェディングドレスを選ぶ際の注意と良くご質問される、
”レンタル”
”プレタ”
”セル”
”セミオーダー”
”サイズオーダー”
”フルオーダー”

について少しだけご説明させて頂きます。


ウェディングドレスの形態について:
ウェディングドレスを扱う日本のドレスショップや式場等の衣裳室は”既製品=プレタ品”が一般的。

ショップの中には、デザイナーさんが在住していて、一人の花嫁のために創る”フルオーダー=オートクチュールドレス”を扱うお店もあります。大半は、仮縫い作業を数回行うため、仮縫いがない場合は、”セミオーダー”や”サイズオーダー”です。

※オートクチュールやサイズオーダー、フルオーダー、セミオーダーについては、後でご説明します。

日本では
ショップや式場等の衣裳室で借りるのが一般的です。号数サイズ展開のドレスが多く、7号,9号,11号サイズが主流です。
ウェディングドレスは他に着る機会がないため、日本の風習上、”レンタル”する花嫁が大半です。

価格は、
ブライダル雑誌”ゼクシィ”統計によると、全国の平均レンタル価格は、27.6万円!

高価なウェディングドレスやリーズナブルなドレスまで、ショップによって違います。レンタルの場合、”結婚式場からの中間マージンが高価な事”、そして、試着回数や使用回数により”クリーニング費用などのコスト”が高価なため、高く設定している場合が多い!

使用回数を制限しているショップもあります。ですが、基本最低3回は、レンタルで使用!最初の方と二回目の方、そして三回目の方の料金はほぼ同額と思って良いと思います。


海外の花嫁ケース、
日本人と違って、体型やご身長が大きく変わるため、
既製品を買う方やセミオーダーで、創られる花嫁が主流!

海外の方に”レンタル”は?と聞くと
ありえない!なぜ?絶対に考えられない!と回答が返ってくるほどレンタルする花嫁は、いないと考えて良いと思います。

そもそも、
”ウェディングドレスを着る意味”そうであるべき!花婿や花嫁の想いも”海外では違い”ます。環境の違いですね。

新しく結婚生活をスタートする、それぞれの生活の色に染まるなどの意味から、ウェディングドレスは白である事を意味します。


ウェディングドレスの”レンタル”について。
先ほど、少し説明しましたが、ドレスショップや式場等の衣裳室で借りるのが一般的です。サイズは、一般的には7号,9号,11号サイズが主流。


ウェディングドレスの”プレタ”について
プレタドレスは、日本語では”既製品”。ショップで、購入する事も現在では、”オンライン ショップ”で購入する事も可能。

ご自分で購入する場合は、自分のドレスサイズや体型を”メジャー”を当てて、正確に計れる方にオススメ致します。通常の洋服の測り方とは、少し違います。ご注意ください!


ウェディングドレスの”セル”について。
プレタや既製品と全く同じです。言い方の違いと考えて良いですね。購入後、サイズ合わせやお直しが必要な場合があります。


ウェディングドレスの”セミオーダー”について。
ウェディングドレスに少しアレンジを加える事!基本ウェディングドレス デザインから”サイズやアレンジメント”を花嫁に合わせて施す事。


ウェディングドレスの”サイズオーダー”について。
基本のデザインやウェディングドレスから、バスト、ウェスト、ヒップ、着丈などを合わせること。

多少、自分の体型に合わせる事ができる事が利点です。”オフショルダー”や”スリーブ”デザイン、など細かいディテールが必要なウェディングドレスは、細かいサイズで作るまたは、フルオーダーが良いと思います。ビスチェスタイルのウェディングドレスは、大体合わせる事ができるでしょう!



ウェディングドレスの”フルオーダー”について。
ウェディングドレスのフルオーダー=オートクチュール!オートクチュールドレスは、一点物のドレス!フルオーダーとも言います。デザイン、使用素材、細かいディテールなど花嫁の好みに合わせて作る事が可能。

細かいサイズからパターンを制作して、仮縫い(サンプル)、本仮縫い(本生地)、最終フィッティングを行い、結婚式直前に”背中のファスナー”を合わせる作業が行われる。専属のデザイナーさんが在住お店で、立体裁断を行われる”ウェディングドレスショップ”をオススメ!雑誌などで着ている”モデル”のような姿で、大切な結婚式に、ウェディングドレスを着る事ができるでしょう。

ウェディングドレスについて、様々な形態や詳細をご説明させて頂きました。

初めてだからこそ、知っていただきたい事を記載いたしました。
自分に適した形態で、ウェディングドレスを選ぶと良いと思います!

全国の結婚式を目前にした花嫁へ
”素敵なウェディングドレスに出会う事ができますように、、。”

 

■メタモールフォーゼ ウェディング札幌
ご相談やご質問など、お気軽にお問合せ下さいませ。 

〒006-0852
札幌市手稲区星置2条3丁目9-23
TEL:011-684-1411 
FAX:011-555-1653 
E-MAIL:dress-shop@metamorpose.com
Web Site:https://www.metamorpose.com/


■ メタモールフォーゼ PETIT 埼玉店|さいたま営業所
埼玉県さいたま市北区日進町1丁目405-5
完全予約制|E-MAIL:petit@metamorpose.com

Tel:048-783-5238

 

※東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県にお住いの
花嫁や花婿のために、”営業所”を設立致しました。

 

 

JUGEMテーマ:結婚式・アイテム

JUGEMテーマ:WEDDING STORIES

JUGEMテーマ:セレブファッション

JUGEMテーマ:オートクチュール

JUGEMテーマ:ドレスオーダー

JUGEMテーマ:ウエディングドレス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop