December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

入社して、これまで出会ったお客様からお聞きする事と今後のブライダル産業について。

全国のお客様一人一人のご相談を通じて!

消費税が増税した2014年から現在までのブライダル産業のちょっとしたお話!

 

私がメタモールフォーゼ ウェディングに入ったのは、2007年。そこから見えたことなど数多くあります。2007年から約11年の月日が経ち、全国のお客様にウェディングドレスやフォーマルドレス、タキシードなどの婚礼衣装をご提供しております。お客様が”新しく家庭を築き、ご結婚をなされました”。皆様からの喜びのメッセージを拝見させて頂き、幸せな気持ちで一杯です。先ずは、メタモールフォーゼをご利用頂き有難うございました。

 

メタモールフォーゼ ウェディングは、一般のお客様にご提供する”ブライダルドレス”の専門店です。弊社で好評の月10着のみデザイナーが手がける”ウェディングドレスのオーダーメイド”を主流に、お客様のニーズに合わせて、レンタルドレスや結婚式のお色直しカクテルドレス、着物などの和装、お洒落な花婿に提供するタキシードのレンタルやセミオーダー販売をさせて頂いております。また、企業様や結婚式場などへの業務販売、ブランドの展開なども行っております。

 

 

2014年の消費税増税を境に”ブライダル産業の高騰とコスト高”に、、。

少子高齢化や生地、レースなどの材料費の高騰など様々なコストが企業にとって重くのし掛かるのが現状。私が会社に入社した頃は、中国や韓国などで作られる格安のドレス店が現在よりも多くありましたが、現在はウェブサイトで探す程度。店舗はほぼなくなりましたね。また、ブライダルに属する企業は、提携店や結婚式場と業務提携して、お客様から支払われる料金の一部が”バックマージン”という形で支払われることが多い傾向。どの業種でもあることですが、ブライダル業界の手数料が、各種関連企業にも影響を与えていることも多いです。ブライダルに携わる広告費用や企業間の手数料が、他の業種に比べて高価です。

 

 

2014年以降、お客様からお聞きする内容やご相談内容を考えると”結婚式をなされる一人一人のお客様が情報や相場を考慮して、自分で見極める力が必要な時期”になったと思います。お客様一人一人がどのような結婚式を行いたいか?挙式や披露宴を行い、どのようにお二人を表現したいか?がキーポイントと思います。必ずどの業種も平均相場があります。背伸びしすぎても、節約しすぎても理想の結婚式を叶えることができません。大切な部分に力を入れることがお二人の将来のお色になるはずです。考える方法や見方を変えるだけでもコスト以上の素敵な結婚式を行うことができますよ。初めてのことだから情報を沢山調べて、お二人にとって一番!ベストな選択が今後の結婚生活を豊かに、、。幸せになります。何年経っても想い出す幸せな姿と永遠の記憶に残る結婚式をコンセプトに選ぶと良いと思います。

 

皆様が幸せになれますように、、。

 

 

■メタモールフォーゼ ウェディング札幌
ご相談やご質問など、お気軽にお問合せ下さいませ。 

〒006-0852
札幌市手稲区星置2条3丁目9-23
TEL:011-684-1411 
FAX:011-555-1653 
E-MAIL:dress-shop@metamorpose.com
Web Site:http://www.metamorpose.com/


■ メタモールフォーゼ PETIT 埼玉店|さいたま営業所
埼玉県さいたま市北区日進町1丁目405-5
完全予約制|E-MAIL:petit@metamorpose.com

Tel:048-783-5238

 

※東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県にお住いの
花嫁や花婿のために、”営業所”を設立致しました。

 

 

JUGEMテーマ:結婚式・アイテム

JUGEMテーマ:WEDDING STORIES

 

pagetop