December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ご自分でご購入されたお客様。ウェディングドレスの破損部分のお直しの案件!

ここ10年近くで”ウェディングドレスのお直しの件数が倍増”!

 

インターネットの普及と手ごろに中古品を購入できる事、花嫁様がウェディングドレスを着た後に譲り受けるなど様々な方法があるようですね。お客様からお伺いをさせて頂き、お手元に届いた時に”びっくりする内容”をお聞きします。ブランドの正規品やプレタ品など様々ですが、数多くのドレスを見ると少々違いを感じます。

 

同じブランドの同じデザインのドレス。名前もタグも一緒ですが、少々ドレスの仕立て方が異なります。一般的にウェディングドレスを結婚式に着用する場合、必ずサイズのお直しが必要となります。フォーマルドレスはそのような物ですね。バックスタイルのファスナー部分が編み上げでない限り、ファスナー位置や両脇、またはバストが浮く場合は胸元の処理が必要です。そして、ウェスト下までサイズ直しが必要な場合、余計な部分をスカートとの綱ががる部分に施す必要があります。

 

デザインがボロボロの場合や写真では解りにくいシミ。ウェディグドレスのシミは後から出てきます。結婚式後はそうでもなくても、時間が経つとシミが浮き出てきます。またウェディングドレスを試着する際も同じ事が起きます。お客様の数が多くなればなるほどドレスに影響を与えます。弊社では毎回綺麗な状態で保つ為、結婚式当日後はもちろんの事、ご試着も数名に一度という段階でクリーニングを行います。それだけウェディグドレスやフォーマルドレスはデリケートな品物です。

 

最後に、、。

ウェディングドレスをご自分で購入する際はそれなりのリスクが生じます。以前のブログにも記載しておりますが、ご注意下さいませ。

 

破損部分の処理とお直し

 

中古品の脇シミ

 

見えない部分の破損

 

雑な処理部分 ウェディングドレス

 

 

■メタモールフォーゼ ウェディング札幌
ご相談やご質問など、お気軽にお問合せ下さいませ。 

〒006-0852
札幌市手稲区星置2条3丁目9-23
TEL:011-684-1411 
FAX:011-555-1653 
E-MAIL:dress-shop@metamorpose.com
Web Site:http://www.metamorpose.com/


■ メタモールフォーゼ PETIT 埼玉店|さいたま営業所
埼玉県さいたま市北区日進町1丁目405-5
完全予約制|E-MAIL:petit@metamorpose.com

Tel:048-783-5238

 

※東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県にお住いの
花嫁や花婿のために、”営業所”を設立致しました。

 

JUGEMテーマ:お直し

JUGEMテーマ:ウエディングドレス

JUGEMテーマ:結婚式・アイテム

JUGEMテーマ:WEDDING STORIES

JUGEMテーマ:リペア

pagetop